日刊スポーツ
米大リーグで歴代21位の通算3089安打を放ったマリナーズのイチロー外野手(44)が球団の特別アドバイザーに就任し、選手としては今季の残り試合に出場しないことが3日、複数の球団関係者の話で分かった。(中略)
ベンチ入りの25人枠から外れるが、球団と生涯契約を結んでチームに同行し、練習しながら選手らをサポートする。来季以降は試合出場も可能という。米国時間3日(日本時間4日)に発表される。
この話には3つの要素が絡まりあっている。
1つは、実力が衰えても自ら引退を言い出さないイチローの執念。
2つ目は、まだポストシーズン進出の可能性がある中で、25人枠を充実させたいというチームの意向。
3つ目は、来季、日本での開幕が決定し、来季までイチローの存在価値を活かしたい球団の営業。

この3つの要素によって、中途半端な処遇が決まった。イチローの今季戦績。

Ichiro0504


思い出したように単打は出るが、もう戦力とは言えない。この成績でマイナー落ちしないのは、普通、考えられない。

イチローと大谷翔平の対戦がなくなったのは歴史的価値を考えても惜しい気がする。
今後は、イチローは選手と一緒に球場入りし、練習するが、試合にはでない。ベンチから選手を励ます。
こういう境遇でイチローが満足するかどうか。普通はみじめに思うのではないか。

来季以降の選手登録の可能性に言及しているのは、来年開幕戦があるからだろう。イチローはこのタイミングで引退するのではないか。

「球団と生涯契約を結んで」というが、経営陣が代わればその契約は反故になる。そこに重要な意味はないだろう。
日本のメディアは「50歳まで現役が実現」と能天気なことを書いているが、そうなる可能性はほとんどない。実力もないのに「試合に出たい」というだけで現役を永らえれば、MLBでも批判が高まるはずだ。

理想的にはイチローがプレイングマネージャーに就任して、ときどき試合に出るような形だろうが、今のところその可能性も小さそうだ。

何とも言えない微妙な人事である。

Ichiro




開幕15試合終了時のチーム毎勝敗4~阪急~オリックス・南海~ソフトバンク・セネタース~日本ハム・高橋~トンボ



私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!