山川穂高は昨年後半にブレークして、リーグ最強打者になった。後半だけなら三冠王だった。私は昨年からこれはフロックではないと確信していた。

ここ2年間、山川は春のキャンプでは徹底的に守備を鍛えられていた。彼は今年、沖縄に帰っていない。覚悟のほどがしのばれる。
そうなると、西武には、中村剛也、山川穂高とほとんど見分けがつかない体形の強打者が打線に並ぶことになる。これ、楽しいと思った。

IMG_8523

176㎝108㎏

IMG_8591

175㎝102㎏

どっちがどっちかわかりますか?

春野高知キャンプの練習試合では、ロッテの井上晴哉も中軸に座った。ユニフォームが違うから区別はつくけど、中村、山川の着せ替え人形みたいだ。

IMG_8571

180㎝114㎏

井上はちょっと大きい特盛サイズだ。

昔からこういう体形の野球選手はいた。アンチ野球の人からは「こんな体型の選手がいるなんて、スポーツじゃない」と言われたりするが、野球はさまざまな能力を活かすことができる複雑なスポーツだ。格闘技以外むいていないような体形の人でも活躍できるのは、野球の良さだと思う。

しかしいわゆる「デブ」の一流選手はそんなにいなかった。南海の香川伸之はバットコントロールが良かったが、節制できずフルに働くことはできなかった。南海ファンからは「香川の悪口は言わんといてくれ、あいつはしゃーないねん」という自虐的なヤジが飛んだりした。

それ以外にも東海大相模で原辰徳と一緒だった津末とか、デブの選手はいたが、出世した選手は少なかった。香川もそうだが捕手にこうした体形の選手が多かったが、スラッガーと言える選手はほとんどいない。

中村剛也は、デブ体形で初めて一流と言える成績を残した選手だと思う。その後、中日に中田亮二という171㎝110㎏超の左打者が出たが、出世しなかった。

中村の後は、無理なのか、と思っていたが、山川穂高、井上晴哉と同体形の強打者が出てきた。

そういえば、デスパイネも配球の読みがうまいデブではある。こうしてみると日本人よりちょっと足が長い。

IMG_2077


彼らは三振もするが荒っぽい打者ではなく、バットコントロールが良くて、配球の読みもうまい。

中村剛也をお手本に、こういう選手が増えてくれば、野球はさらに楽しくなる。

中村剛也は春先から万全ではないようで試合に出場しても、途中で交代することが多かった。今は試合に出ていない。左肩の故障とのこと。
しかし中村にはもっと頑張ってほしい。同体形の選手の目標として、殿堂入りレベルまで数字を重ねていってほしい。



チーム得点・どこまで伸びる西武ライオンズ



私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!