日大アメフト部の暴力事件は、週刊誌やワイドショーの格好の餌食になって、まだ延焼しそうだ。それもこれも、日大側の対応が後手に回り、しかも非常にまずかったことが原因だ。

日大のDL選手が、関学のQB選手に再三にわたり反則行為をしたのが5月6日。
日大の内田監督は直後、スポーツ紙の取材に、暴力行為が自らの指示であるとコメントした。
事件が明るみに出て、関学側が記者会見を開いて抗議したが、日大側は記者会見を開かず、内田監督が雲隠れしたまま、関学側に謝罪文を渡した。
しかしその謝罪文には「反則行為が選手個人によるもの」であると書かれ、内田監督の辞任にも言及していなかった。
関学側はこれを不服として、誠意ある対処を日大に求めた。
スポーツ庁の鈴木大地長官も、日大の行為を厳しく批判。世論は日大批判の大合唱となった。

Ameft


この間、事件から11日が経っている。まともな組織であれば、はるかに早く善後策を講じ、ここまで大きな問題にはなっていないはずだ。
この事件の根底に、日大アメフト部に連綿と伝わる「勝利至上主義」があったのは間違いないが、それに加えて内田正人という人物、日本大学という組織が時代の変化に愚鈍なほどに疎かったことがある。

まず、内田正人は「暴力を含む勝利至上主義が、今も世間に承認される」と思っていた。だからスポーツ紙にそう語った。昭和の時代の感覚、篠竹イズムそのものが、今も通用すると思っていたのだ。

そして内田監督、日大は「暴力沙汰」が、「一通りの謝罪」で済むと思っていた。
現代のリスク論では、組織は不祥事に対して可及的速やかに最大限の謝罪をすべきだが、日大は謝罪を「出し惜しみ」して、しぶしぶ謝罪している印象を世間に与えた。

何より問題だったのは、この事件を「暴力沙汰を行った選手個人の問題」に矮小化しようとしたことだ。すでに内田監督自身が「自分の指示」であることを公言した後にも拘わらず、それを撤回し、選手の責任にしようとした。その姑息さ、卑怯さが、世間に決定的な悪印象を与えた。この発表はアメフト部内部にも動揺を与え、監督、大学への不信感を増幅させている。

内田正人はアメフト部監督であるだけなく、日大の常務であり、スポーツ関連のトップだったという。日大はこの大物を守ろうとしているのだろうが、一度火がつけばそうした内向きの理屈は、全く通用しない。敢えて言えば、内田を切るところから組織防衛をはかるべきだった。

昨日のワイドショーで玉木正之さんは日大アメフト部の「廃部」にまで言及した。今年から日大は「スポーツ日大」の大キャンペーンを展開しているが、これにも致命的なダメージを与えるだろう。

昭和の時代ならまかり通ったであろうボス猿によるサル山支配の理屈は、今は通用しない。ネット社会の現代は、ひとたび事件が起これば総てが明るみに出て、世間の批判にさらされる。内向きの組織論は通用しない。
私など本当に良い時代になったと思うが、よどんだ水たまりのような組織にいるとこれがわからないのだ。

高校野球の「名将」と呼ばれる年寄りたちも、ほぼ内田監督と同じ意識だ。世界や日本の「今」の動きに疎くて、知的に怠惰だ。
「野球離れ」は「少子化による」といまだに言うし、今の子供も親も根性がないと思っている。そして「わしらが野球の神髄を教えてやる」と本気で思っている。

日本のスポーツは、年寄りが何の根拠もなく偉ぶって、若い世代の頭を押さえつけている。これが日本スポーツ進化の最大の阻害要因だ。
日大アメフト部のような問題に至る火種は、日本中に転がっていると思うべきだろう。



スタメンで打順・守備位置が一致、探してみました



私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!