いろんな意味で見事なキャリアSTATSの持ち主だ。しかしお金が稼げるステージにはほとんど縁がなかった。
まだ若い。34歳だ。ベネズエラの出身、アストロズ傘下に入団。赤字はリーグ記録。

Carabaillo


マイナーでは目が出ず。数字を見ると長打はあるが、選球眼は良くない。フリースインガーだ。しかもその体からしても守備会うまいとは思えない。

2008年独立リーグのウースターに。ここから野球放浪記が始まる。

翌年高知に来て、本塁打、安打、打点のリーグ記録を更新。

さらに群馬に移籍し、39試合で15本塁打。シーズン途中でオリックスに。
カブレラ、バルディリス、ラロッカと外国人打者がいるなかで、4番目の打者に。しかし十分な活躍の機会がなく、2012年にはまた米独立リーグのニュージャージーに。

そして2013年に群馬に戻った。13年、14年と2年連続本塁打王。格の違う打者だった。

PA040368


2015年、再びオリックスに。しかし6月以降成績が下落し、自由契約に。

オフにはプレミア12、ベネズエラ代表に選ばれる。
ここでも中軸を打っていた。しかし太りすぎでしょう。

IMG_0042


2016年にまた群馬へ。16、17年と本塁打王。

今年からBCリーグでは26歳定年制を敷いているが、カラバイヨはオーバーエイジ枠で群馬に在籍。打撃コーチ兼任である。早くも本塁打を7本打って、1位タイ。

独立リーグでは、圧倒的な存在だが、NPBにもMLBにも定着できない。何とも切ないスラッガーではある。




スタメンで打順・守備位置が一致、探してみました



私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!