昨日の日大アメフト部、宮川泰介の会見は、後年、日本スポーツ史に残る大きな出来ごとになると思う。

「勝利至上主義」に凝り固まり、勝つこと以外には一切を顧みない指導者に、試合中に暴力を振るうように強要された選手が、事件が大事になった途端に「トカゲのしっぽ切り」で、「指導者の指示を曲解した馬鹿者」として切り捨てられようとしている。
これに対して、20歳の宮川泰介は、顔と名前を満天下にさらし、事の真相を明らかにした。そして一切の自己弁護をすることなく、ここまで身命を賭して打ち込んできたアメフトを捨て去ることを宣言した。

宮本泰介のこの会見によって、多くの物事が救われた。

まず、関学の被害選手とその親、関係者。加害者が逃げ回る中で、やり場のない怒りを覚えていた被害者側は、直接の加害者による率直で全面的な謝罪によって、とりあえずは精神的ダメージを緩和することができた。

そして、日本大学という大学。大学のナンバー2という要職にある人物が、まともな謝罪もできず、大学の職を辞することもせず、地位に恋々とする様子を世間にさらしたことで、日本大学のイメージは地に落ちた(まだ日大のHPには、内田正人の名前が載っている)。無関係の学生や教職員は痛く自尊心を傷つけられた。しかし宮川の謝罪によって「日大にも人あり」を知らしめることができた。大学全体が腐っているのではなく、腐っているのは一部であることをはっきりさせることができたのだ。

さらに、アメリカンフットボールという競技。本来、清新なイメージがあるボールゲームだったが、日大の陰湿で非道なやり方によって競技全体のイメージも損なわれていた。アメフトは日本ではマイナースポーツであり、その損失は小さくなかったが、宮川という志ある人物の記者会見によって、アメフトそのもののイメージも救われた。

大きく考えれば、日本の大学スポーツのイメージも回復された。日本の大学スポーツは、「勝利至上主義」にまみれた「スポーツ馬鹿」が、ろくに勉強もせずに大学生のステイタスを得るというイメージがあったが、そんな中にも健全な感性と知性を有する若者がいることを世間に知らしめたことは、救いになったはずだ。

20歳にもなって、やっていいことと悪いことの区別がつかないのか、という批判は当たらないだろう。日本という国では「同調圧」が、個人を押しつぶすことは普通に起こっている。
やってしまったことは、取り返しがつかないが、宮川泰介は、最善の選択をした。

危機管理における「謝罪」とは、こういうことだ。自己弁護をせず、ことの経過を詳らかにする。大きな事件を起こしてしまった当事者、加害者にできることは「最大限の誠意」を示すこと以外にはないのだ。
日大危機管理学部にどんな教員がいるのか知らないが、学内には「反面教師」がたくさんいることが明らかになった。

「身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ」とはよく言ったものである。
この国では、総理大臣から自治体の首長、スポーツ団体のトップまで、責任をとることなく醜態をさらけ出している。これは日本の国が「年老いた」ということなのだ。

不謹慎かもしれないが、そんな中で、近頃にない快事だったと思う。

2f26a9237823a764d9b0899f5947e2ad_m




スタメンで打順・守備位置が一致、探してみました



私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!