日大アメフト部の話については、不謹慎ながらちょっと飽きがきている。逃げ回る日大幹部が、いつまでたっても観念しないから、話が前に進まない。この点、今の政治と同じではある。「逃げるが勝ち」が定着すれば、日本は闇になる。
日大の田中英壽、内田正人らが逃げ回るのは、これまでもそうしてきたからだろう。田中英壽のまわりには、反社会勢力との交際や、裏金などややこしい話がいっぱい付きまとっているが、一度も公の場で謝罪したことがない。失脚もしていない。
彼らは、世間に対して正々堂々と詫びたり、説明したりせず、ほとぼりがさめるまで逃げ回る気だろう。大学というのはそういう人物の跳梁を許す伏魔殿のような部分もある。

ここにスポーツ庁がメスを入れるという。スポーツ庁はオリンピック偏重で、エリート主義だから必ずしも賛同してはいないが、大学スポーツの近代化へ向けては意欲的に取り組んでいる。
「スポーツ日大」の実態にメスを入れて、病巣を徹底的に摘出してほしいと思う。

Jingu-01


同時にこれをきっかけに「日本版NCAA」構想を一歩前に進めるべきだろう。
NCAAとは「全米大学体育協会」のことだ。アメリカでは大学スポーツをNCAAが一括管理、運営し、試合興行を行い、情報発信している。
NCAAはプロスポーツと同等のステイタスがあり、経済的にも強大だ。

その部分ももちろん重要だが、同時に「大学スポーツの在り方」を明確に決めていることが重要だ。
文科省の資料によれば、もともとNCAAは大学スポーツが過熱する中で学生の死亡事故の多さを受けて対策を講じるために、大学が集まり安全基準や人格形成のプログラム規程を策定することを目的として誕生した。
学生スポーツを通じた学生の学生生活の充実を提供するため、人格形成支援 学業支援 キャリア支援、 資金支援、保険制度の提供などを実施し、学生の安全確保や文武両道を達成できる仕組みづくりを行っている。

平たく言えば「勝利至上主義」や「強圧的な指導」、「スポーツ以外に一切の経験を持たないスポーツ馬鹿」「インモラル」など、大学スポーツが持っている悪しき体質、病巣を取り除き、本来の大学スポーツを取り戻そうという動きだ。当然、私大にはびこる利権も排除される。

もちろん、NCAA自体が巨大な組織になり、商業主義に毒されているという批判はあるが、すくなくともNCAAができてから、アメリカの大学スポーツには明確な基準ができ、選手も指導者も一定レベルの行動規範やモラルが共有されるようになった。

昨年12月に神戸大学で行われた「野球科学研究会」でも、日本版NCAAの設立を目指す大学教員の発表があったが、そこでは
「一切勉強をしなくても大学に入れ、スポーツだけで卒業できる大学生がたくさんいる今の大学スポーツの仕組みを見直そう」ということが強調されていた。

スポーツ庁の鈴木大地長官も日本版NCAAを強力に推進しようと考えている。日大アメフト部みたいな事件を二度と起こさないためにも、ぜひ、実現させてほしい。
その際には高校野球みたいに「野球は例外」とならないようにしてほしいものだ。

6a8767906c61683a1d073276e92cc03b_m




1985年佐藤義則、全登板成績【最多勝タイトルを獲得、昭和最後の20勝投手】



私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!