昨日は、東京ドームで巨人、楽天戦を見た。野球場ガイドの取材の前に、お客としてできるだけたくさん試合を見ておこうという考えからだ。本当はハマスタに行きたかったのだが、チケットは完全にソールドアウトである。昔は思い立てばすぐに行けたのだが。

東京ドームの巨人戦は、平日などは当日券が残っていたりする。今、ハマスタとマツダスタジアムが日本で一番チケットが取りにくい球場になっている。ファンクラブ会員になれば少しは違うのだろうが。

私の横は、年金生活と思しき年配の男性が2人。立ったり座ったりするのがちょっと不自由そう。いろんな球場に行ってしみじみ感じるのは、東京ドームの座席の狭さ、小ささだ。中の座席に行こうと思ったら、手前のお客が立つだけでは済まない。いったん通路に出てもらわないと入ることができない。

隣のお年寄りのファンに気の毒だと思ったので、食べ物を買うのと、トイレに行くのを併せて1回だけにして、ずっとこの席を動かないことにした。もちろん、ビールは向こうからやってくるから買ったけども。

試合前に客席がうわーッと沸いた。こういう連中が踊りだした。

IMG_9458


このあんちゃんたちは、いわゆる「アーティスト」なのだそうだ。

その代表格の「関口メンディー」が始球式。凄い球を投げる。133km/h、ホップしていた。

IMG_9497


試合は巨人が山口俊、楽天が古川侑利。

IMG_9522


IMG_9582


古川は昨年は開幕ローテ入りが期待されていた。球威ある球を投げるが、投球にまとまりがなかった。

立ち上がりは2人とも先頭打者に安打を打たれるなど、不安定だったが徐々に立ち直っていく。

しかし3回に茂木の一発で楽天が先制。

IMG_9833


楽天は本当に本多だったが、山口のこの失投が決勝点になる。

巨人は陽、岡本が好調だが、とにかく残塁が多い。昨年もそう思ったが「試合運びが下手だなー」としみじみ思う。

どちらも救援投手に不安が残る。高橋監督は、山口を8回も投げさせた。110球を超えて明らかに球威が落ちていたが、マシソンが使えないこともあって引っ張った。その結果、四球を出して田中和にタイムリーを打たれる。継投もうまくない。

楽天は不振が続き、セットアッパーに配置転換された松井裕樹が8回。この投手は結構見ているが、明らかに躍動感が消えている。2四球を与えるが何とか抑える。

IMG_0194


巨人が1-4で負ける。前から思っていることだが、高橋監督の采配は活気に乏しく、後手に回ることも多い。有能とは言えない。

お年寄り二人は「こう攻めがちぐはぐじゃ、どうしようもねえなあ」「打てないにしても走者を進めないとなあ」と嘆きあう。

私は一塁側の内野席にいた。周囲は外野の応援団にリードされて、巨人の応援歌で大いに盛り上がっていたが、お年寄り二人は一切反応せず。

だが、7回の「闘魂込めて」は、大きな声ではっきりと歌った。音程はずれていたが、一生懸命に歌っていた。

IMG_0089


この二人は、球場が北朝鮮の民族の祭典風になるずっと以前から、東京ドームや後楽園球場に通っていたのだろう。

恐竜の全盛期に、前時代の生物が細々と命脈を保っているような印象だ。ドーム球場は、とにかく音が渦巻いてわんわんするが、そんな中でも野球を楽しんでいた。それはそれでほっとする話ではあった。

IMG_0110


kouryusen



そういえばチーム得点ってどうなりましたかね?|51試合終了時点



私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!