もちろん、選手がどう言う選択をするかは自由だが、私はFAでの移籍は、次の世代が育ってきていて、自身もまだひと働きでるような選手が移籍すべきだと思う。
昔のように単にもっとお金が欲しいとか、メディアにちやほやされたいとかで行く選手はいないだろうが、自らのチームへの貢献度と、今後の可能性を見極めるべきだ。

そして自分がチームでどんな役割を果たしているのかも、知るべきだ。単なる「戦力」として、チームから切り離してもパーツでやっていける選手なのか、それとも他の選手と連携してこそ力が発揮できる選手なのかも。

それを見誤ったのが日ハムからMLBに移籍した田中賢介だろう。彼は典型的な「つなぐ打者」であり、打線の流れの中でこそ力を発揮した。しかしMLBではそういう打者をことさら作らない。パーツとしてよく打つ選手か、足が速いのか、守備がうまいのか、でしか評価されない。長打のない田中はスタメンでは起用されなかった。また「日本仕様」の守備は全く評価されず「外野の守備固め」で試合に出るありさまだった。要するに、適材適所の「適」についてしっかり判断しなければ、移籍先で苦労するのだ。

maru-F


丸佳浩は、まずその守備範囲の広さと判断の優秀さが光る。そして足がある。打者としてはミートが巧み。さらに好機に強い。最近は長打も増えてきた。かてて加えて、選球眼が凄みを増してきた。今季に至っては四球の方が三振よりも多い。「MLBで優秀な野手ってどんな選手?」と聞かれれば私は「広島の丸みたいな選手」と答える。だろう。
今季は故障で連続試合出場が途切れたが、これも丸にはプラスに働くだろう。

丸はそういう申し分のない選手だ。
しかも丸は、広島打線のなかで、さらに威力を増すのだ。いわゆる「たな、きく、まる」だ。俊足で長打もあり、出塁率の高い田中広輔と、四球は少ないが犠打が巧みで瞬発力のある菊池涼介がチャンスを作り、ここで「最強の中距離打者」丸が登場するのだ。これは今、NPBで最も美しい打線だと思う。昔のV9巨人の柴田、土井(高田)、長嶋を想起させる。

この打線が完成して3年目。そのあとの鈴木誠也まで含めて、広島生え抜きのこの打線が、今後どのように進化するのか私は見届けたい。

丸佳浩、キャリアSTATS

Maru


丸佳浩は、広島にいてこそ輝く選手だ。

巨人のように、買ってきたおもちゃを乱雑に積み上げるチームは言うに及ばず、阪神のように「お客人、今日は殺ってもらわないと困りますぜ」と迫るようなチームにも合わない。

広島も昔は「去る者は追わず」だったが、日本一チケットが取りにくい超人気球団になった今は、少しは財布は暖かいはずだ。丸をチームの礎としてとどめるくらいの余裕はあると思うが?

maru-H


kouryusen




今年度の「宇佐美式勝利打点」を調べてみました|6月10日終了時点



私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!