ま、だめもとではあろうが、少し明るい兆しが出てきたヤクルトとしては、補強する気になったのだろう。
ヤクルトは昨年まで中日で投げたジョーダン・アルメンゴがいたが、4月末にアメリカに帰ったきりになっていた。ウルキデスと入れ替わりにアルメンゴを戦力外にしている。

キャリアSTATS

Uruquides


カリフォルニア生まれ。3度ドラフトにかかったが2005年17巡目でダイヤモンドバックスへ。全体501番目。同期のいの一番はジャスティン・アップトンだ。2006年は全休。トミージョン手術ではないかと思われる。

3年目にAAAまで上がる。しかしAA以上では成績を残せなかった。制球力はまずまず。奪三振もそこそこだが、AAAクラスの打者には通用していない印象。

レッドソックスに2012年に移籍するもリリースされ、独立リーグのランカスターに。このチームは仁志敏久や坪井智哉、渡辺俊介、梶本勇介らが在籍した。坪井、渡辺などはチームメートだった。
レベルは独立リーグでは高い方だ。

エンゼルスに一時在籍するもMLBには昇格できず。

ランカスターから最近は、メキシカンリーグのティファナで投げていた。

そこでの成績もパッとしない。速球は150km/h、スライダーとチェンジアップがある。

元ヤクルトのバーネットからの推薦のようだ。「ハートが強い」とのこと。中継で防御率3点台なら御の字というところだろう。

IMG_9389



kouryusen



今年度の「宇佐美式勝利打点」を調べてみました|6月10日終了時点



私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!