交流戦、投手成績を見ると、最近の野球は「救援投手」の比率が大きいことが良くわかる。

交流戦、投手成績

Kouryusen-Totak-P


今年の交流戦はぶっちぎりの大勝ちをする球団はなくて、セのヤクルト、パのロッテ、オリックス、ソフトバンクがまずまずの出来というものだった。

ロッテは長打が少なく、得点力は低かったがこれを投手力、とりわけ中継ぎ投手の力で勝ちに結び付けている。オリックスも同様。
ソフトバンクは打線も元気がなく、投手力もみるべきものはなかったが、それでも勝ち越している。

西武は打線は破壊力があったが投手力がダメで打ち消した形。楽天の投手陣はソフトバンクより優秀だったが、打線が不振で勝ちにつながらず。

セではヤクルトが、これも救援投手陣の力で交流戦勝率1位になった。巨人は先発投手は優秀だったが、打線の援護がなかった。

阪神は投手力はまずまずだったが貧打。対照的に広島は打線はリーグ1だったが、投手力は最低だった。

この結果が今後のペナントレースと同薄日ついていくのか。


kouryusen



今年度の「宇佐美式勝利打点」を調べてみました|6月10日終了時点



私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!