スポーツマンシップとは、ルールを順守し、対戦相手と審判をリスペクトすることが基本だ。


どのようにビデオ判定技術が進んでも、スポーツのジャッジを生身の人間である審判が行うという原則は変わりはない。
MLBではドップラーレーダーなど最先端技術を利用して、ストライクボールの判定、アウトセーフの判定を機械にさせようという研究が進んでいる。しかし、そうなっても最終の判定は審判が行うはずだ。スポーツでは極めて多様なプレーが起こる。そのすべてを想定した機械化は難しい。機械の判定をもとに生身の人間がジャッジをすることになるだろう。
つまり、最終の判定はどこまでいっても「人間」が行うのだ。AIの導入が進めば、また事情は違ってくるだろうが、そうなれば競技を人間だけがする必然性も疑問視されるのではないか。

IMG_0419


高精度のビデオ機器が導入されて、ジャッジの「精度」が上がったと喜ぶ向きもたくさんいるようだが、それは正しくない。
ほとんどのプレーでは、人間の判断をビデオ機器が追認しているだけだ。1%にも満たないほんのわずかな状況で、ビデオと人間の判断に齟齬が生じる。その際に、ビデオの映像を確認して審判が修正をするだけだ。
ビデオの導入は、家庭のテレビでプレーシーンを何度でも見ることが可能になって、素人でもジャッジに口をはさむことができるようになったことが大きい。ビデオの映像とジャッジメントが食い違うときに、視聴者から文句が出るようになった。「誤審」の証拠が残るために、看過できなくなったことが大きい。

しかしビデオ映像は、あくまで「参考」である。最終的な判断は人間の審判が行う。そうである限りは、審判に対する信頼は以前と同様必須である。どんな判定をしようと、審判を信頼することがスポーツの基本なのだ。

IMG_1573


今回の「誤審」の問題で救いとなったのは、工藤公康監督の「ぼくらは持っている権利の中で主張しただけなので。今回こうなったことは残念ですが、2度とこうならないように検討していただきたい」という言葉だ。
多くの「誤審」は、それによって不利益を被った側が声をあげる。審判やリーグに対してクレームをつける。しかし有利な判定をされた側は黙っているのが常である。「儲けた」「得をした」とほくそ笑むのが普通だ。
しかしスポーツマンシップの考えからすれば、競技の信頼性を損ねるような大きな「誤審」に対しては、利益、不利益双方から声をあげるべきものだ。目の前の勝負だけでなく、競技全体の社会的信用や、審判の信頼性が揺らいだことに対して、異議申し立てをすべきだ。
「そんな判定をされては、審判を信用できないじゃないか」と声をあげるべきだ。
工藤監督の発言は、そういう意味では非常に真っ当だ。「勝利至上主義」にとらわれず、正しい発言をしたと言えるだろう。
工藤監督のこの言葉は、野球に対するリスペクトを感じる立派な発言だったと言えよう。

日曜日の朝の例の御仁はこういった。
「下手になったねぇ、日本のアンパイアは。世界一うまかったけどね。喝ですよ」
今回の判定の特殊事情も考慮せず、何の根拠もなくうそぶいている。自分たちが、その審判のおかげで記録を認定され、おまんまを食べてきたという自覚はどこにもない。そこらの酔っぱらいでもいえる駄弁だ。天に唾する発言である。

誤審は遺憾ではあるが、人は必ず過ちを犯す。完璧にはなれない。たった一度のことでその過ちを責めるのではなく、より納得性の高いジャッジを目指して建設的な意見を集約すべきだろう。

IMG_0136




今年度の「宇佐美式勝利打点」を調べてみました|6月10日終了時点



私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!