まあ、今日は復帰しただけで良しとすべきかもしれないが、消極的な打席だった。
6月5日以来だから、ちょうど1か月のブランク。
マリナーズ戦。先発はウェード・ルブラン、2015年1年だけ西武で投げた。この時は先発だったがMLB復帰後は救援、今年からマリナーズで先発に戻った技巧派左腕。

Ohtani-0704


この日は4回打席に立ったが、一度も走者はいなかった。

最初の打席、大谷は緩いカーブに手を出したが、左にファウル。2-1からカットボールを見送り。

2打席目は同じカットボールに手を出したが、芯を外されて左飛。

3打席目、空振りが二つ。思い切って振ったのはいいが、当たらず。最後は見逃し。左腕ルブランには全くタイミングが合わず。

4打席目、この試合の最後の打者。快速クローザーとして売り出し中のディアズの高速スライダーに手を出す。2球目の空振りした球はボール球。最後の空振りはバットとボールの間が大きく空いていた。

全然ダメだったが、仕方のないところだ。フルスイングできていたのは収穫。投手としても復帰計画があるようだが、大丈夫なのだろうか?



今年度の「宇佐美式勝利打点」を調べてみました|6月24日終了時点



私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!