これほどの観客動員がありながら、高校野球は財政難に苦しんでいる。スケジュールがタイトなことの一因は、甲子園や地方大会の経費の問題があると言われている。
この夏から甲子園大会はバックネット裏が指定席になり、外野も有料になったが、そうせざるを得ないほど財政的に苦しくなっているということだ。

朝日・毎日新聞と高野連は、甲子園球場の使用料は支払っていない。地方大会の球場の使用料も同様のはずだ。地方大会では切符の販売などは野球部員の高校生が交代で担当している。そこまで切り詰めているが、経費はかかる。
甲子園の運営関連の費用は、阪神甲子園球場が物品、飲食の売り上げなどの中から賄っている。

甲子園出場校の滞在費、交通費は高野連が負担している。安いホテルを探すのも主催者側の仕事になる。

IMG_3233


これまで甲子園の入場料売り上げは9億円程度、これで全国大会と地方大会の経費を見ていたのだ。80万人以上を集める全国大会の収益としてはあまりにも小さすぎると言えよう。

バックネット裏指定席化と外野席の有料化で2~3億円は増収にはなるだろう。しかし、それでも依然として経済規模は小さすぎる。

IMG_4125


最大の問題は、NHKや朝日放送、毎日放送が、高野連、主催者に放映権料を支払っていないことだ。放映権料がかからないから、NHKは全試合の中継をやっている。本来ならば1大会当り少なくともNHK,民放とも10億円程度の放映権料を支払うべきではないかと思われるが。しかし民放では高校野球の中継は視聴率が稼げなくなっている。放映権料を支払うとなれば、撤退する可能性もあるだろう。

高校野球は「アマチュアリズム」を標榜してここまでやってきたが、そのために「甲子園が満員になっても儲からない」体質になっている。それを「清貧」であるかのように言うのは愚かだ。
アマチュアであってもきちっと収益を得ないと、運営ができない。

この5月には「200年構想」を発表し、高校野球が普及活動をすると宣言したが、その原資はどうするのか?各高校や選手の善意に依存するのか。先立つものがなければ、普及活動は上手くいかないだろう。サッカーはワールドカップの収益から、各県へ競技普及費用を助成するなどしているが、そうした原資は高野連にはないのではないか。
高校野球は、まだ全国的な注目度があるうちにしっかり儲ける体質に変わらなうといけないだろう。

IMG_0463




2012~14年中後悠平、全登板成績



私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!