いやー、打つなら打つと前もって言ってくれればよかったのに。このところ安打が出ないから、なかなか更新する気になれなかった。
ドジャースとのハイウェーシリーズ、昨日と今日の試合

Ohtani-0709


昨日は右腕ストリップリング。ここ3シーズン、先発救援両方で使われていたが、5月6日からローテ入りし、7勝と目覚ましい投球をしている新鋭だ。速球派ではなくスライダーが武器の軟投派。

1打席目、大谷はバントの構えでファウル。スライダーで空振り三振。

2打席目、またバントの構え。タイミングが合わず、打ちごろの4シームだったが一ゴロ。

3打席目は左腕のパレーデス。またバントの構え。二球目はバントミスでストライクを取られる。このバントは足を活かしたいということだろうが、消極的になっているともいえよう。

4打席目は昨年のセーブ王、ジェンセン。前日はジェンセンから四球を選び盗塁をして同点のホームを踏んだ。しかし高速カッターはなかなか打てない。かなり抵抗したが三振。

この試合で自打球を右膝をあてる。

その怪我もあって今日はスタメンを外れ、3-3の7回に7番マルテの代打で打席に。投手もこのタイミングでJTシャーゴワにスイッチ。右投げ、今年2月にドジャースが獲得。2016年はツインズで中継ぎ。2017年は怪我でほとんど投げず。今季はここまで2勝2敗、ERA4.91。
2-2から内角低めの2シームを背筋をピンと伸ばすようにして、すくい上げる。凄い当りとは思えなかったが、打球はぐんぐん伸びてバックスクリーン左横に。これが決勝本塁打となる。

走らなくても済む打球を飛ばすのが素晴らしい。

良い打者は二流、三流の投手を確実にモノにするものだ。そうしているうちに一流の投手も攻略できる。

5月19日以来の一発。やはり大谷にバントは似合わない。ボールを見極めるのは当然としても、これに気をよくして、どんどんフルスイングすればよいと思う。



2012~14年中後悠平、全登板成績



私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!