昨日の3打席目の一ゴロ失策は、安打に覆るだろうと思っていたら案の定そうなった。1日ずらした甲斐があった。マリナーズのここ2試合。
大谷翔平のスイングは復帰後、いい時と悪い時の差があるように見える。ゴロが多く、ボールがあまり上に上がっていない。

2試合の戦績

Ohtani-0712


昨日の試合

マリナーズ先発はマイク・リーク。前の対戦で2安打している。悪いイメージはないはずだ。

1打席は内角低めの変化球を見極めて歩く。落ち着いている。

2打席目、リークの落ちる打って二ゴロ。当りは良かったが、球が上がらなかった。

3打席目、外角低めのチェンジアップをひっかけたがここから猛ダッシュ。ゴロを処理した一塁手ヒーリーが一塁へ悪投。失策となったが、一塁手が捕球していたとしても大谷は一塁に生きていたように見えた。悪送球がスタンドに飛び込んで大谷は二塁へ。果たして今日になって安打に直った。続くキンズラーの左前打で生還。

4打席目、敗戦処理のランビローのチェンジアップをひっかけて二ゴロ。同じ方向にゴロばかり売っている印象。

5打席目、開幕後のトレードでレッドソックスからやってきた左腕エリアスの2球目を鋭く左翼に打ち返す。久々の快打で二塁のプホルズを返した。左腕からの安打はこれで5本目。通算打率は.143だ。

今日の試合、マリナーズの先発は左腕のマルコ・ゴンザレス。今年になってブレークしすでに9勝を挙げている。大谷は先発を外れる。右投手専門の2プラトーンと言う考えか。

9回に1番フレッチャーの代打で打席に。投手はクローザーのディアズ。被本塁打が減って今年進化した投手だ。大谷は3回目の対戦だが、ここまで2三振。9球見たが、4球がボール、3球が空振り、2球が見逃しストライク。つまり1球もバットに当たっていなかった。
大谷は果敢に初球から振って出てファウル、当たった!、2球目もファウル。まあ、この展開なら次は空振りか、と思ったら案の定そうなった。

150km/h台後半の剛速球は投手大谷も投げるが、打者大谷もそうそう打てるものではない。この投手の攻略はなかなか難しそうだ。



2012~14年中後悠平、全登板成績



私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!