前のブログで「黄信号」といったが、そろそろ「赤信号」になっていた地域もあったようだ。少し旧聞だが。
日刊スポーツ

埼玉大会は11日、熊谷市で最高気温38・3度を記録したのをはじめ、県内全域で酷暑となり、熱中症で倒れる球児や関係者が相次いだ。
川越西のエース井原彰吾(2年)が1点リードの9回2死で、突然マウンドにうずくまった。熱中症による交代はチームで3人目。筒井一成監督(41)は「試合で倒れるなんて初めてです。何をやっているのか」とあきれ顔だった。
川越西の主将、野村真吾外野手(3年)は「水分と塩分の対策からやり直しです」と猛省した。

埼玉県高野連・高間薫専務理事(58)は「ちょうど期末試験が終わり、体が慣れていないんじゃないかな。対策を考えないと。毎日これでは困る」と話した。


IMG_5063


日刊スポーツは朝日新聞系であり、高校野球を擁護する立場ではある。
しかし、記者は目の前で起きた選手、関係者の熱中症によるリタイアに、驚きもせず、危機感も抱かなかったようだ。ジャーナリスト失格だろう。

川越西の監督や主将は「熱中症で選手が倒れたのは、選手が悪い」「準備不足だ」と考えている。このあたりが、意識の低い高校野球関係者のリアルな感覚なのだろう。
筒井監督には、熱中症が命に係わる深刻な健康被害だという認識がない。もし、選手がその儘意識が戻らず、死んでも「何をやっているのか」と言うつもりだろうか。

野村主将のことばからは、筒井監督が常々「猛暑対策も練習のうちだ」と言っていることがうかがえる。

そういうことではないのだ。気温が35度を超えれば、長時間屋外にいる人間は生存の危機にさらされる。もちろん、全員が死ぬわけではないが、人が死んでもおかしくない状況になるのだ。鍛えるだの、準備するだの言うレベルを超えている。

高野連は、日程の消化だけを考えている。「毎日これでは困る」は、当事者の吐く言葉ではない。日程の消化よりも、選手の健康を考えるならば、中止や試合時間の変更も含めて検討すべきだ。

メディアも、指導者も、高野連も、頭がおかしいとしか思えない。危機意識、問題意識がなさすぎる。本当に人が死なないと。ことの重大さ、深刻さに気が付かないのだろうか?

※この埼玉県高野連をめぐる記事は、2013年のものであり、川越西の監督は退任しているとの指摘があった。大変軽率な引用をした。お詫び申し上げる。

ただ2013年の埼玉県の猛暑日は埼玉県北部(熊谷市)で23日、今年は20日までで11日連続で11日となっており、以後も猛暑日が続くと考えられる。危険性は高まっている。しかし高野連の認識は変わっていないと思われるので、そのまま掲載することとした。


IMG_8787




今年度の「宇佐美式勝利打点」を調べてみました|7月11日終了時点



私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!