最近の西武は、他球団でくすぶっていた選手をよく復活させている。

阪神から来た榎田大樹がまさにそうだった。
小川のキャリアSTATS

R-Ogawa


千葉英和高から2009年ドラフト2位で、中日に入団。彫りの深い顔。フィリピン人とのハーフだ。

1年目は二軍暮らし。その後も主に先発として毎年チャンスは与えられていた。しかし結果を出すことができず。

2016年にシチュエーション的な起用をされて好投をする。左の変化球使いであり、目先が変わるという意味では効果的な投球ができた。

2017年も同様の使われ方をした。7月にはセットアッパー的な起用も増えたが、その直後に故障で二軍落ち。

今季は一軍出場はなし。ファームでは21試合に投げて1勝1セーブ、ERA2.40と好投していた。

ペナントレースが厳しくなる中、左の中継ぎとして十分な戦力になるだろう。



今年度の「宇佐美式勝利打点」を調べてみました|7月11日終了時点



私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!