J-CASTニュース
プロ野球・阪神タイガースの選手が、東京駅近くのタクシー乗り場で、降車専用のスペースから無理に乗車しようとする「ルール違反」行為をしていたことが分かった。J-CASTニュースの2018年8月20日の取材に、球団広報が認めた。
2018年8月17日の投稿で、スーツケースを持った阪神の選手たちが、タクシー乗り場の降車専用スペースに向かう写真をアップし、
「近くにタクシー乗り場があり そこで並んで待っている一般人もいるのに」
などと苦言。「マナーの悪いこの人たちは 実際人を抜かしてるのと同じことをやってます!」と憤りを露わにしていた。
投稿者のツイートによれば、写真に映っているのは藤川球児投手(38)、岩田稔投手(34)、岩崎優投手(27)、中谷将大外野手(25)、北條史也内野手(24)、坂本誠志郎捕手(24)の計6人。降車スペースからタクシーに乗ろうとした選手は、その他にもいたという。
乗り場では15人以上がタクシーを待っていたが、なかには「『俺はええんや』とか言って(降車用スペースから)乗った」選手もいたという。


バブルの昔、関西の繁華街では山菱の常紋の形の金ぴかのバッヂを付けたダークスーツ、サングラスの男たちが、タクシー待ちの列に割り込んで車を止めて、ドアを開けさせて親分が来るのを待つ光景をよく見かけた。まさに反社会勢力が肩で風を切って歩いていたものだ。

しかし、昨今はやくざがタクシーの列に割り込むようなシーンも滅多に見ない。そういう些細なことでも通報されれば、丸暴にしょっ引かれることがあるからだ。
今の反社は、社会の中に沈潜して悪いことをするが、あからさまに目立つようなことはしない。

ということは、阪神タイガースの選手は「やくざ以下」だということか。
このときがはじめてではなく、3月と7月にもこういう姿を見かけたという。

IMG_1593


最年長の藤川球児は、一体何を考えているのか?プロ野球選手は一般人より偉いから、こういうことをしても許されると思っているのか。

MLBで失敗して帰ってきて、独立リーグで苦労をして阪神に復帰した藤川は、トップリーグからマイナーリーグ、上層から下層までを知る苦労人ではないのか。
テレビカメラが回っていなくても、プロ野球選手は一般人ではない。社会的地位があり、その分責任も付いて回る著名人だ。ましてや阪神の一軍クラスは人気者である。
こういうことを平気でやるのは、彼らが全員「野球馬鹿」だからだろう。

引退後に、多くの野球選手は一般社会になじめなくて苦労をするものだ。遠征のときもチケットや宿の手配、食事まで全部裏方がやってくれる。移動手段もマネージャーがみんな手配してくれる。
引退してひとりでは新幹線にも飛行機にも乗れず、宿泊もできなくて戸惑うというエピソードはよく聞く話だ。

誰もが知っているプロ野球選手が、本来の乗り場ではない降車場でタクシーに乗り込む姿は、醜態以外の何物でもない。プロ野球、阪神タイガースに泥を塗る行為だ。
野球ファンにとって、これはショッキングな話だ。

球団の広報担当者は「ファンの皆様やタクシーをご利用の皆様に対して、お詫び申し上げます」と謝罪。再発防止のため、選手へ指導を行う予定だとした。

球団は、甘やかしてはいけない。代わりに頭を下げるのではなく、藤川以下全選手に頭を下げさせよ。恥ずかしい思いをすれば、馬鹿でも自分がやったことに気が付くだろう。

IMG_2931



八田正、全本塁打一覧|本塁打大全

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!