昨日の宮崎での中国戦は、実力差から考えて負けるはずのない試合だった。コールド勝ちだったが、永田ジャパンのお粗末さを改めて露呈した。

この試合に勝って3位を確定させれば来年のU18 ワールドカップへの出場権が手に入るという試合だった。

スコア
U18 3rd


日本の先発は横浜高の2年生左腕板川。しかし先頭打者に安打を打たれ、1死後さらに安打で畳みかけられ、4番コウに二塁打を打たれる。1点先制を許し、一塁走者は本塁を欲張ってアウトになったが、永田監督はここで板川から大阪桐蔭、柿木にスイッチする。

「板川が気負いすぎていた」とのことだが、気負いすぎていたのは永田監督のほうだろう。実力差を考えれば、板川を落ち着かせて続投させるも十分にあったはずだ。

日本打線は中国投手から次々得点を奪っていく。中国選手は外野でしばしば目測を誤るなど守備面でも不安定で、日本の相手ではなかった。

2回以降の中国は1安打だけ。板川が打たれたのは、立ち上がりの不安定さを突かれただけで、実力ではなかったはずだ。

IMG_7040


情けなかったのは5回裏、8番浦和学院の蛭間が四球で出ると、続く9番DHの日大三、日置にバントで送らせたのである。すでにスコアは8-1、勝敗は明らかだったのに、永田監督は1点欲しさ、そしてコールドゲーム欲しさに、次の1点をむさぼったのである。
これはアンリトンルールに明白に反している。大差がついた試合で勝っている側はバントをしない、盗塁をしない、これは世界の常識だ。
アンリトンルールには、おかしなものもあるが、これは至極真っ当だ。相手チームをリスペクトし、試合経験を積ませようという配慮があれば、こういうことはしない。

日本のアマチュア野球は少年から、大学生まで、国際大会では非常に評判が悪い。こうした日本でしか通用しない野球をするし、相手への尊敬の念がみられないからだ。
永田監督は「名将」だそうだが、その評価は国内限定なのだろう。

今大会の投手成績

U-18Pitch


香港、スリランカの両試合は実力差を考えれば、肩慣らし程度に過ぎない。韓国、台湾戦が本当の大勝負、それに次ぐのが中国戦だったはずだ。
永田監督は9人の投手のうち5人を、香港、スリランカでしか使わなかった。4人の投手だけで、大勝負を戦った。
何のために学校を休ませて宮崎まで連れてきているのか、意味が分からない投手起用だったといえよう。
吉田を投げさえることがなかったことだけが、昨日の試合の収穫か。

球数制限のある国際大会を戦うということがどういうことなのか。侍ジャパンのユニフォームを着ることがどういうことなのか、理解していたとはとても思えない。
この監督は「勝ちゃあいいんだろうが」という野球をしてきたことが丸わかりの試合だった。残念だ。

IMG_8909



1965年鵜狩道旺、全登板成績【6年ぶり2度目の2ケタ勝利】

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!