野球界は、ヘビーユーザー層がライトユーザー層から遊離していることもあり、将来的にはヘビー、ライト両方ともに衰退するのが明らかだと書いた。

私は、野球界の衰退は「信用不安」という形でかなり急速に起こるだろうと思っている。
全盛を誇っているプロ野球の観客動員が、はっきり減少に転じることがきっかけになるのではないか。

実質的に今のプロ野球人気は、600~700万人程度の熱心なファンによって支えられている。彼らがリピーターとなることで2500万人という巨大な観客動員を生んでいる。

しかし彼らに対するマーケティングはほぼやりつくした感があるし、ファンの実数そのものも今後減少すると考えられる。そんな中で、球団の売上だけで年商3000億という大きなビジネスになっている野球界は、その経済規模を維持できない事態になる。

IMG_0750


そうなったときに、プロ野球は徐々に衰退するのではなく、突然、急激に落ち込むだろうと予想している。「野球はもう落ち目」であることが世間に知られることで、金融筋やスポンサーも野球を有望な投資先とみなさなくなる。そのことでプロ野球の経済規模が落ち込めば、そこへの人材供給源だった大学や高校野球も、衰退ムードに拍車がかかるのではないか。

そうした事態に対し、NPBや各球団は手をこまねいているわけではない。「ベースボール型授業」の推進や、幼児への野球教室をするなど、努力を始めている。
また高野連も200年構想を発表し、普及活動を始めると言っている。

しかし、そうした取り組みはすべて「バラバラ」に行われている。
プロ野球、各球団、高野連は連携していないし、それぞれが「自分たちがやれることをやるだけ」と割り切っている。

「自分たちがやれることをやるだけ」では「野球離れ」への取り組みは全く不十分だ。

これも以前、紹介したが、以下のように表現した。

nannpasen