毎日のように戦力外選手の発表があるから、付き合っていたらきりがないのだが、一応今日の時点で。今年はずいぶん早いし、まだやれそうな選手が結構引導を渡されている。

パ・リーグ

PL-gai20181004


ソフトバンク、オリックスの若手選手が戦力外通告を受けている。

佐藤世那がこんなに早くに戦力外になるとは驚きだ。仙台育英時代、2015年のセンバツの準優勝投手。この秋のU18の代表。この大会ではエース級だった。小笠原慎之介らとライバルだったが肘に問題があったという。

オリックスにドラフト6位で入団。昨年の台湾ウィンターリーグでは好投していたが。

IMG_6674


オリは守備の名手の縞田も戦力外にした。
坂本は一度も一軍に昇格せず。いい選手だと思ったが。

sakamotoissei


新監督就任に向けて、獲得枠を開けるつもりなのだろう。新監督は田口壮ではなく西村徳文だということで、がくっとくるが。私と同い年である。田口壮は「若すぎる」のだろうか?

セ・リーグ

CL-Gai20181004


DeNAが若い選手をたくさん戦力外にした。
一昨年物故した山本功児の遺児の武白志は20歳で戦力外。大きな体だったが、性格的にのんびりしていたのではないか。今季、ヤクルトとのイースタンの試合でなかなか打席に入らずに「むさし、みんな待ってるだろ」とコーチに注意されていた。

IMG_6307


白根も思い出深い。ソフトバンク3軍で四国とよく対戦していた。白根の母親が愛媛の宇和島まで応援に来ていたのも見かけた。開星高校では阪神の糸原のチームメイト。例の「21世紀枠に負けるとは末代までの恥」のときだ。監督の野々村直通三都は今年何回か話したが、「白根は大物だ」と言っていた。

ヤクルトは実績ある投手をたくさん出した。成瀬は100勝まで頑張りたいところだろうが、めっきり衰えた感がある。古野は球威はあるが、とにかく制球が悪い。育成から上がってきたがここまでだった。久古も一時期いい働きをしたが。

比屋根、鵜久森とわき役の野手もここまでか。

今年のトライアウトは筑後のタマスタだが、かなりの顔ぶれが参加するのではないか。

IMG_6595



2011年浅尾拓也、全登板成績【驚異の防御率0.41、MVPに輝く】

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!