河野大臣に言われたからではないが、毎年作っている「たられば」ペナントレース表を出そう。NPBが3リーグ制なら、というやつだ。

ウェスタン、セントラル、イースタンの3リーグ制。今年は東京の2チームをイースタンに入れ、その他の関東圏のチームをセントラルに入れた。

WLCLEL


ポストシーズンはリーグ優勝の3チームとワイルドカード。勝率上位2チームによるワイルドカードゲームも行うこととする。

ワイルドカードの順位

WILD CARD


今年は3地区の勝敗がかなりバランスが良い。3地区とも5割前後に落ち着いている。

実際に3リーグ制になれば同地区との対戦が増えて、他地区は少なくなるから同じ成績になることはないが、こんな感じの勝敗になるのではないか。

ワイルドカードはソフトバンクと日本ハム。5割以下のチームがいないのもイメージ的には良い。

IMG_0723


しかしそれでも、ワイルドカードゲームでソフトバンクが敗退すれば「12球団で3番目の勝率のチームが敗退するなんて糞だ」みたいな批判が起こるだろう。誰もが満足できるポストシーズンは不可能なのだ。

IMG_0386


ペナントレースの結果を尊重したい人は、基本的にポストシーズンはシンプルであればあるほどよいと思っている。屋上屋を重ねるCSなどは必要ないと思っている。

しかし、プロ野球ができるだけに世間の注目を集め、人気を高めるためには、ポストシーズンの長期化、試合数の増加は絶対に必要だ。個人的にも、真剣勝負が増えるのは喜ばしい。
そのことは、強調しておきたい。


2018年山﨑康晃、全登板成績【最多セーブ投手で初タイトル】

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!