北広島市への日ハムの本拠地移転は、大きな話題になっている。CG動画の出来栄えも良く、2023年の会場を楽しみにしているファンも多いのではないか。
東洋経済ONLINEで、伊藤歩さんが、この移転に伴う問題を指摘している。

日本ハム「新球場」、完成を阻む数々の難問JR新駅、用地買収、建設資金など課題山積

この人はまだ会ったことはないが、おっかない人だなと思っている。インフラ面の整備をはじめ、問題は山積している。ただでさえも税収減で腰が重たい自治体、行政をどう乗せるかも大きな問題だろう。

日本ハムの本拠地移転は、札幌市との根深い対立によるものだ。
札幌ドームは札幌市の第3セクターで、実質的には行政が運営している。日本ハムは再三にわたり指定管理者にするように要請したが、札幌市は蹴り続けた。
その結果、スタジアムでの物販や広告も日本ハムの収益にならない。日ハム戦のスタジアムで、伊藤ハムのウィンナーを使ったホットドッグが売られているありさまだ。

a2de96b68769c1b57a9cf6a8246444c9_m


日本ハムにとっては、札幌ドームへの恩義は深い。ぬるま湯と言われた東京ドームを出て、未開の北海道に本拠地移転したときは、成功を危ぶむ声もあったが、北海道コンサドーレ札幌の本拠地としてすでに知名度が高かった札幌ドームでスタートできたことは大きかった。北海道という未開の大地を見事にマーケットにできたのは札幌ドームがあったからだと言っても過言ではない。

しかし、日本ハムがさらに成長するためには年間9億円と言われるドームの使用料は大きな負担となる。またフランチャイズビジネス、ライセンスビジネスの限界があるのも問題だ。

日本ハム側は札幌ドームと交渉を重ねたが、札幌市の天下りがいっかな取り合わず、物別れのままに終わった。
日本ハムが移転すれば、札幌ドームの売上は70%減となるが、親方日の丸の役人上りには危機感はなく「セ・リーグの試合を承知するぞ」と恫喝するありさまだったという。誘致できてもせいぜい5試合。それにファンの醸成もしていないセ・リーグの試合をしても、満杯にはならない。
このあたりの経緯、この記事に詳しい。少々ドームが悪者になりすぎているきらいがあるが。

札幌ドーム、日ハムの要求を無視し続け“見捨てられ”移転…札幌市天下り職員たちの暴挙

日本ハムは、12球団でも有数の優秀なマネジメントを誇っている。その原点は「真っ当なマーケティング」だ。この本を読めば、日本ハムは極めてベーシックなマーケティング戦略を、ある種愚直に実行していることがわかる。



そんな日ハムにとって、理不尽な札幌ドームとはもう付き合いきれないというところだろう。

しかし懸念もなくはない。プロ野球人気は、どこまで続くかも覚束ない。今年も2550万人を動員し、我が世の春のプロ野球だが、裾野となる野球人口は確実に減少している。また日本ハムの観客動員も伸びてはいない。
2020年の五輪を超えて野球人気が続いているだろうか?北広島の美しい新ドームには、観客が押し寄せるだろうか。

IMG_5607


2018年宮西尚生、全登板成績【最優秀中継ぎ投手タイトルにホールド新記録】

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!



2018年宮西尚生、全登板成績【最優秀中継ぎ投手タイトルにホールド新記録】