広島はセで一番強いチームではある。しかし3連覇の推移を投打の数字で見ていくと、4連覇への道はかなり厳しいと言わざるを得ない。

2017年と2018年の比較 ベージュは移籍 ブルーは新加入。10打数以上の打者。2018年最下段の%は、安打数、本塁打数、打点、打率の昨対。

HC-H


広島自慢の「たな・きく・まる」のうち、たな、きくは、今季、打撃は不振だった。丸と鈴木誠也の活躍によって、それほど目立たなかったが、田中は確実性が減り、出塁数も減った。菊池は「バントができるフリースインガー」になってしまった。
この2人は、丸につなぐというストーリーで存在意義があっただけに、丸の去就次第では来季以降、厳しくなるのではないか。

IMG_0427


IMG_0446


IMG_0476


丸はNPB最強打者だと思うが、去就がはっきりしないので何とも言えない。

鈴木誠也は堂々たる成績を上げた。怪我さえなければ筒香、岡本和真、栁田悠岐と侍ジャパンの4番を争う存在だ。

ポイントはバティスタ。昨年はときたま中軸を打ち、25本塁打。少し前のエルドレッドのような使われ方をした。しかし丸が抜ければフル出場する可能性が高くなる。あの守備でどうなるか。

IMG_1297


相棒のメヒアは2軍では最強だが、1軍では数字が出せない。

捕手の會澤の打撃好調が本物なら面白いところだが。

松山、安部は、年齢的にも伸びしろは多くないだろう。西川、野間が「たな・きく」を脅かす存在になれば面白い。


2018年東克樹、全登板成績【チームトップの11勝、ダントツの新人王】

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!