結果は5位だったが、井口監督の「チーム刷新」の取り組みは、こと打線に関しては一歩前進したといえるのではないか。

2017年と2018年の比較 ベージュは移籍 ブルーは新加入。10打数以上の打者。2018年最下段の%は、安打数、本塁打数、打点、打率の昨対。

CM-H


三塁だった中村を二塁に、二塁の鈴木大地を三塁に、そして井上晴哉が正一塁手に。井上はロッテに久々に登場した「和製大砲」となる。山川穂高の登場がクローズアップされるが、井上の登場もそれに次ぐインパクトだった。また中村もシュアな打撃で売り出した。

IMG_7328


IMG_7573


また遊撃は新人の藤岡がフル出場。打撃は今一つだが、守備の要として活躍した。

井口監督は外野でも新人の菅野を抜擢しようとしたが、これは上手くいかなかった。

若返りは進んでいるが、問題は「長打不足」だろう。井上以外に二けた本塁打を打つ打者がいない。
外国人も外れに終わった。
ソフトバンクや西武との打撃力の差は依然、大きい。2000本を打った福浦は現役続行の意向だが、彼に打席を回す余裕はないだろう。


IMG_8370


2018年東克樹、全登板成績【チームトップの11勝、ダントツの新人王】

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!