ロッテの泣き所は投手陣だろう。先発、救援ともに決め手がなかった。

2017年と2018年の比較 ベージュは移籍 ブルーは新加入。2018年最下段の%は、奪三振数、防御率の昨対。

CM-P


涌井、石川の2本柱は昨年は合わせて8勝だったが、今季は16勝。しかしとても満足できる数字ではない。
ボルシンガーが13勝したが、これは援護点が大きかったためで、額面通りの評価はできない。
二木、酒居なども伸び悩んでいる。
先発は柱がない状態だ。

IMG_7559


IMG_8468


救援はクローザーが益田直也から内竜也になって2年目だが、内に早くも息切れが見える。中継ぎではタフネスで知られた大谷も不振。左腕松永昂大がワンポイントの起用を中心に好投を見せたが、数も質も不足しているのが現状だ。

IMG_7247


今季からOZOマリンが狭くなる。これは改悪だと思うが、味方の本塁打増より被弾増の方が大きくなりそうだ。

投手陣は依然、Bクラスだと言えよう。

IMG_1518


2018年東克樹、全登板成績【チームトップの11勝、ダントツの新人王】

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!