世代交代が順調に進んだチームだが、浅村の移籍という「オフの予定」が待っていた。

2017年と2018年の比較 ベージュは移籍 ブルーは新加入。10打数以上の打者。2018年最下段の%は、安打数、本塁打数、打点、打率の昨対。

SL-H


捕手、一塁に若くて強打の選手を固定できた。これが大きかった。

きわめて生産性の高い秋山がいて、ポイントゲッターに浅村、山川がいて、旧大砲の中村もシーズン後半に復活した。

IMG_8466


IMG_8511


IMG_8639


12球団でも屈指の打線ができたわけだ。

浅村の移籍は半ば既定路線ではあったが、127打点は非常に大きい。これをどう埋めるか。

外崎はロッテならば4番が務まる成績。ユーティリティだから彼が一番手だろう。

外野の空きに、誰を入れるか。栗山も元気ではあるが、やや魅力に乏しい。若手の抜擢か、外国人か。
楽天の人的補償は投手だろうと思われる。

メヒアは契約があと1年残っている。5億は痛いが、何とかDHでの活用の道を探るべきだろう。

IMG_8676


浅村が抜けてもまだ打撃レベルは高いが、投手が悪いだけに、しっかり補強したい。

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!