金子千尋の心中には屈託があったのだと思う。

IMG_0355


成績を見ると、今のNPBを代表する投手だということに改めて思いいたる。

Kaneko


最多勝二度、奪三振王、防御率1位各1回。MVP、澤村賞と投手がとるべきアワードはほぼ全部取っている。

剛速球ではなく、抜群の制球力と多彩な変化球でエースになった。

この投手の転機は、キャリアのピークとなった2014年オフだっただろう。MLBへの挑戦を口にしたが、オリックスは4年20億(実際には24億か?)という巨額の契約で金子を引き留めた。

そこからは成績は下落気味だった。そのこと自身は残念に思うだろうが、金銭的には満足のいくものだったはずだ。清原みたいな生活をしない限り、一生安泰だ。
しかしながら、同時に「MLBへの挑戦」という一生に一度だけの機会を失ったことは心残りだろう。

6億の年俸を1億まで下げられながら、刺激のないオリックスにいる必要はない。
しかしエースの看板を下ろしてまで他球団に移籍するのも忍びない。

そういう感じだったのではないか。

日ハムの金子獲得に際して栗山監督は「死ぬほど欲しかったので(獲得へ)動いた」と言った。まさに人情の機微を知る「人たらし」ならではのことばだ。

巨人はFAで取得した選手に「さあ、用心棒の旦那、大枚ははたいているんだから、働いておくんなせえ」と背中を押すだけだ。しかし日本ハムは選手と一緒になって「再生計画」を立てる。だから、大田泰示や、村田透のように、再起する選手が出てくる。

日本ハムは金子のプライドを尊重しつつ、再生を進めるだろう。ユニフォームも似合いそうだ。

期待できるのではないか。



私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!