2009年の1月に、Yahoo!ブログでこのブログを書き始めたので、今年でちょうど10年になる。
2011年にこのサイトが「livedoorブログ奨学金」に選ばれた。5000くらいの応募の中から10本程度だった。ちなみにこのとき同時受賞した中から「東京餃子通信」など有名なブロガーが何人も出ている。それを縁にlivedoorに引っ越した。ブログを始めた時には、IT企業グループの役員だったが、2012年8月に実質的にクビになって、やむを得ずライター稼業に戻ったのだ。この頃には蛭間豊章さんや豊浦彰太郎さん、スージー鈴木さん、長谷川晶一さんなどの知己を得た。その当時からご愛読いただいている方も結構多い。また、この時期から「週刊ポスト」にコメントを寄せるようになった。
ブログが縁で書籍を出すようになり、ベースボール・チャンネルなどのWEBメディアにも投稿するようになった。もともとコピー・ライターだったが、だんだんにコピーがつかないライターになった。

IMG_5439


記録系というカテゴリーが珍しかったこともあって、その後、雑誌などへの原稿依頼も増えた。
2013年には最初の本も出版した。私の従兄は高校野球ライターの手束仁だが、当時、彼は「1冊本を出すのは簡単だが2冊目からが大変」といった。



私は、野球周辺で面白いことを書くという仕事は大いに気に入っていたが、同時に何か大きなテーマに取り組みたいとも思っていた。当時会った文藝春秋の編集者にちょろっと「馬場正平の野球時代」を話したら反応が良かったので、本にすることにした(文春ではなかったが)。
そしてその後、野球離れへの問題意識をもって「野球崩壊」を書いた。この本はかつてない反響を得た。

要するに、何らかの背骨を持っていたわけではなく、お呼びがかかればそちらへ行って原稿を書き、また声がかかればあちらへ行って文章を書いてきたが、次第に「野球離れ」というテーマが真ん中のほうによって来たという感じだ。

ネットの中では、見ず知らずの人間に、匿名でなければ言えないようなことを匿名で言う人間の底辺もたくさん見た。
同時に得難い人にもたくさん出会った。ネットがなければこうした出会いはなかった。交換する名刺の数が爆発的に増えた。そのたびに様々な展望が開けた。10年前には考えられないことだった。

なぜか野球の仕事が増えるとともに、コピーの依頼も増えた。今年はややオーバーワークだった。

10年で、書いたブログは10000本を超えている。アクセスは2015年に月間100万PVを超えたが、今は65万~75万ほど。しかしAlexaのランキングは下がっていない。ブログというメディアが収縮しはじめているのだろう。

出会う編集者も球団担当者も、すべて年下である。どうなっていくのかわからないが、書くことが楽しくなくなるまで、書き続けるつもりである。

読者各位には今後ともよろしくお願い申し上げる。本年も有難うございました。

IMG_9714



広島総合・広島市民・マツダS・シーズン最多本塁打打者/1950~1986、2007~2018

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!