人間は逆境の時に真価が現れるというが、長野久義の評価が今、高まっている。コメントが男前すぎる。
公式サイトから

「3連覇している強い広島カープに選んでいただけたことは選手冥利に尽きます。自分のことを必要としていただけることは光栄なことで、少しでもチームの勝利に貢献できるように精一杯頑張ります。巨人では最高のチームメイトに恵まれ、球団スタッフ、フロントのみなさんの支えのおかげでここまで頑張ることができました。また、9年間応援してくださったジャイアンツファンの皆様のおかげで苦しいことも乗り越えることが出来ました。ありがとうございました。ジャイアンツと対戦することを楽しみにしています」

東スポによれば「驚いた」とは絶対に言わないようにしようと思っていたという。長野は海外で自主トレ中だが、プロテクトを外れていたことは薄々知っていたとは思う。しかし、日ごろから覚悟を持っていたのだろう。

IMG_3783


このコメントによって、彼は大きな称賛を得ることになった。東スポから

「うれしいですよね、本当に…。カープの皆さんはもちろん、広島の街の知り合いの方々も、皆さん口々に『困ったことがあれば何でも助けになるから』と言ってくれているんです。ありがたいことですよね」

彼は2回もドラフトを蹴って巨人に入団した。その時点では巨人と他球団は「違うもの」と思っていたのだろう。だから、巨人に入れたことを喜んだはずだ。
しかし、プロとしてキャリアを積むうちに「野球選手にとって何が大事なのか」を知ったわけだろう。
この点、トレードを拒否して引退した元木大介あたりとは人間の器が違うと思う。

特定の球団に入ることを「職業選択の自由」だという意見が、どれだけナンセンスか、長野の態度を見ればわかるというものだ。

「巨人愛」の延長線上には「プロ野球愛」「野球愛」がなければならない。それが「別物」だという意識は、根本からおかしいのだ。

そういえば、長野の人的補償について頓珍漢な批判をしている笠原将生も、廣岡達郎も現役時代は移籍を経験していない。笠原はそんなレベルの選手でさえなかった。

長野のような態度を「男前」というのだ。彼は広島で歓迎されるだろうし、気持ちも前向きになるだろう。
ここ数年、パッとしなかったが精神的にもリフレッシュするだろう。

「苦労は買ってでもしろ」というが、長野は人的補償を前向きに受け止めたことで、自分の人生を力強く切り拓いた。こういう話は清々しい。


1981年角三男、全登板成績【ストッパーで日本一に貢献、最優秀救援投手も獲得】

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!