高野連が混迷の度を深めているように思われる。




新潟県高野連の「球数制限」問題は「ルールに明記されていない」「事前に申請されなかった」ことを理由に退けようとしている。
高知商業の「有料ダンス発表会への選手の出演」は、「学生野球憲章」に抵触する可能性があるとして、部長だけを処分しようとしている。
そして春日部共栄高校野球部本多利治監督の暴力事件は「監督には非があるが、生徒には責任はない」として、選抜出場の選考ではこれを考慮しないとしている。本多監督は謹慎中だがやめてはいない。

IMG_9460


これまで高校野球の「不祥事」に関しては「連帯責任」が原則だった。部員が喫煙や暴力、万引きなどの馬鹿をやった時には、野球部全体が責めを負い、甲子園に出場できなくなったり、公式戦に出られなくなったりした。
それ自体は理不尽だし、その罰は「高校野球で飯を食っていく」つもりの高校球児には酷な処罰だった。
高野連はあたかも「法王庁」のように、学校や生徒に罰を下す権限を有していたことで、全国の学校から恐れられていたのだ(厳密には高野連ではなく「学生野球連盟」だが、実質的には同じだ)。

春日部共栄の事件は竹中事務局長によれば「監督を交代させれば甲子園には出場可能」なのだそうだ。その理屈で言えば、選手が馬鹿をやっても「その選手を退部させれば、甲子園は出場可能」なのではないか。監督の罪は不問に付して、選手の罪だけ咎めることにはならないだろう。
「連帯責任」はどこに行ったのか。永年、「おかしなことをしたら試合をさせないぞ、甲子園には出さないぞ」といっていた高野連の権威はどこに行ったのだろうか。

「連帯責任」はともかく、今時選手を平手打ちにするような監督を、学校や選手の父兄が、警察に被害届を出さないのが信じられないが。

高野連は、古くておかしな習慣をなかなか改めることができない。「選手の安全や将来」ではなく「有力指導者や有力校のメンツ、立場」を優先する体質から脱却できない。
だから世間の矢面に立っている。「自己改革ができない日本的組織」の代表のように思われている。
それを意識しているから、自分たちの体面を保ちつつも、実質的な厳しい処分を行わないようになっている。

今年になってからの高野連の迷走は「自己保身」の表れだということだろう。それは「自信喪失」からきている。
身内からも「変わらねば」という声が上がっているはずだ。そろそろ変革の時ではないか。今、改革しないと、「野球改革」の最大の抵抗勢力として、高野連は世間の非難の矢面に立つだろう。

IMG_6978



1981年角三男、全登板成績【ストッパーで日本一に貢献、最優秀救援投手も獲得】

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!