入団の前は「巨人命」だったので、全然好きではなかったが、彼はいい感じで円熟味のある大人になっていったのだろう。
広島入団記者会見
「マツダスタジアムの割れんばかり大歓声でそういうなかで、プレーしている選手はすごく力をもらっている。今度は僕がそういう声援がいただけると思うとすごくうれしいです」
「キャンプ初日からしっかりとできるような体を作ってきました。もう少し時間があるので追い込めたらいいなと思います」
 「(開幕投手は予想では菅野)智之なのでちょっと厳しいですが、頑張ります。必ず出られるようにしっかりね」


よく考えれば、野球選手として当たり前のことを言っているのだ。
広島から今、NPBで一番いい外野手がやってくる。長野もいい外野手だが、やや落ち目で影が薄くなっている。外野には亀井義行、陽岱鋼、ゲレーロ、重信房之介、立岡宗一郎がいるうえに、丸佳浩がやってくるのだ。亀井に次ぐ年かさで、成績もパッとしない長野は、残留していればほぼ間違いなく出場試合数は減る。野球選手としては、本分が果たせないことになる。

「控えになっても巨人選手の方がいい」という感覚が、巨人選手にはあるように言われているが、もうそういう時代ではないのだろう。「野球選手は試合に出てなんぼ」だ。
もちろん、広島でも競争はあるが、丸という柱が抜けて大穴が開いている。普通で考えれば長野は怪我さえしなければ、優先的に起用されるだろう。

張本勲は「広島行ってもFAで1年で戻ってきますよ」と言っていたが、そういう腹ではないだろう。
野球選手として「試合に出られるところ」「期待されているところ」に行こうと思うのは至極当然の考え方だ。

長野も苦労をしていろいろなことが見えてきたのだろう。負け惜しみでも諦めでもなく、長野は今の境遇を喜んでいる。
今年はキャンプ、ペナントレースと長野の姿を追いかけたい。

IMG_3783


1972・73年榎本直樹、全登板成績【チーム2位の先発数で、規定超えを果たす】


私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!