朝4時半に起きて、日南線に乗って南郷で織りて、松崎しげるの朝とは思えない声量に接して、西武の海上パレードを見て、西武キャンプに行った。
平日はあまり人が来ないが、昨日は日曜日。優勝パレードもあったから人では多かった。

坂道を延々上がってキャンプ場に到着。選手はパレードの後だからいつもより少し遅い始動だ。

IMG_2041


投内連携の守備練習が始まった。これは一塁、二塁、三塁とフォーメーションが変わる。

投手が投げるふりをして、打席に立ったノッカーのコーチがゴロを転がす。これを投手が、あらかじめ想定された塁に送球する。というものだ。

IMG_3458


一塁は当初、山川穂高と中村剛也、佐藤龍世が守っていた。今年は山川の声が大きい。やはりMVPをとって自信がみなぎっている感じだ。

IMG_3488


IMG_3466


二塁はどうか、というと、浅村の後はやっぱり外崎が一番手のようだ。彼はもともと明るい選手だが、溌溂としている。

IMG_3759


三塁送球のフォーメーションになって、中村がすたすたと三塁に移った。佐藤もこれに続いた。しかし、山川は一塁を動かず。

中村は今季も三塁を守るのだろう。一塁は山川が盤石だ。DHはメヒアや外国人もいる。中村がフル出場するには、三塁を守れなければ、ということだろう。当たり前と言えば当たり前だが、さっさと三塁に移動する姿を見てそれを実感した。守備は得意とは言えないが、こだわりがあるのだろう。
中村剛也は、海上パレードではキャップを忘れたようで、帽子をかぶらずステージでは他の選手の影に隠れてこそこそしていた。相変わらずのマイペースだ。しかし、これが彼の持ち味だろう。

IMG_3589


外野では、秋山が躍動している。この選手の練習に向き合う姿勢は本当に素晴らしい。集中していることが良くわかる。

IMG_3605


投内連携では、内海の姿を見なかったのが残念だが、なかなか面白かった。


1972・73年榎本直樹、全登板成績【チーム2位の先発数で、規定超えを果たす】

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!