今年は日本国内のすべてのキャンプ地を回るぞ、と決意したわけである。何の意味もないし、大して収入にもならないが、そうするんだと決めたので意地になっている。
昨日の朝、宮崎から沖縄に飛んだ。手荷物検査所で前に岩村明憲がいた。この人にはBCリーグの運営について話を聞く予定をしているが、沖縄ではなくて別の便に乗ったようだ。

那覇空港について、ホテルに荷物を下ろしてすぐさまセルラースタジアム那覇に行った。巨人の本体はまだ宮崎にいる。13日から那覇にやってくるが、1日から11日までは三軍がキャン王を這っているのだ。
沖縄で一番いい球場で、三軍は贅沢なキャンプを張っている。

IMG_2742


もう一軍を迎え入れる準備はできている。那覇キャンプ名物の階段のラッピング、今年はこうです。

IMG_2730


原監督もでかでかと。

IMG_2777


スタジアムは、さすがに人はほとんどいない。関係者と記者がちらほら。あとは3~4人か。
内野ノックをしている。ノッカーは懐かしや、盗塁王藤村大介だ。

IMG_5462


一塁のごっつい外国人はモタだ。イスラエル・モタはドミニカ共和国出身。ナショナルズ傘下で4年いた。かなり太目ではある。

IMG_5528


みんな大声が出ていた。しかし三軍は選手数が少ないから、ノックの回転も速い。

IMG_5489


ブルペン、一軍は観客席がびっしり埋まるが、三軍はちらほらだ。

IMG_2760


去年まで「68」と言えば、吉川大幾だったが、今年は ドラフト6位の戸郷翔征(宮崎・聖心ウルスラ学園)がつけている。投げ込んでいた。

IMG_5546


勢いのある球が来ていた。

IMG_5565


これを後ろからじっくり見ていたのが背番号「85」、今年からファーム投手コーチの杉内俊哉だ。

IMG_5584


何か熱心にメモをしていた。こういうところから指導者の道が始まるわけだ。

IMG_5592


見るべきものは、なくはなかった。なかなか面白かった。


1979年藤沢公也、全登板成績【ドラフト指名5度目で入団した27歳の新人王】

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!