高校野球が、他のスポーツ団体(16競技)で作っている高体連に加盟せず、独自に高野連を作っているのには昔の事情がある。
戦前、「野球統制令」でしばられた学生野球は、野球の存続のために軍部の顔色を見続けた。様々な制約を飲んだが、1941年を最後に「中等学校野球」の全国大会は中断せざるを得なかった。

このことを大きな痛手と感じた佐伯達夫は、戦後、中等学校野球を再開するにあたって「どこにも干渉されない、独立した野球団体を作ろう」と考えた。学制が変わってから「高野連」といわれるようになった組織だ。1946年11月に設立された。

1948年に「高体連」が発足し、主要なスポーツは高体連傘下で大会を開催し、高校スポーツの祭典「インターハイ」も主催したが、高野連は佐伯の強い考えもあって、高体連には参加しなかった。

そのままで70年が経過しているのだ。

高体連のインターハイは、読売新聞がオフィシャルメディアとなって全国持ち回りで、国体のミニチュアのような形で行われている。夏季と冬季に全国大会を行っているほか、地方大会も行われている。

しかし高校野球は高体連とは別個の組織として、朝日、毎日両新聞社の主催で行われてきた。

高体連と高野連は交流もなく、まったく別個に存在している。ちなみに女子野球など新興のスポーツは、そのどちらにも参加していない。文科省などの助成にも格差が出ている。

IMG_3880


中学、高校の部活が「ブラック化」し、問題になっているが、高校スポーツ全体について協議するような機会は設けられていない。
最大の高校スポーツ部活である高校野球は唯我独尊だし、高体連も歩み寄ってはいない。
インターハイなどで取材した感触では、サッカーなど一部スポーツを除いて高体連のスポーツも後進性では高野連といい勝負だ。
「高校生の将来に責任を負う組織」としての自覚があるとは思えない。

こういうお山の大将がのさばっている限りでは、日本のスポーツ改革はおぼつかないだろう。

まずは「既存の組織」を解体する必要があるのではないか。

IMG_1956



1979年藤沢公也、全登板成績【ドラフト指名5度目で入団した27歳の新人王】

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!