これもめったに見ないランキングだが、公式サイトに記録されるようになった1999年以降の選手別ホールド数のランキング。

30傑と、主要な日本人投手。

HLD-MLB-30


1位はアーサー・ローズの231ホールド。マリナーズなどでも投げた大柄な黒人投手。22年間MLBで投げた。

べノワ、クリッパード、スミス、ソーントンまでが200ホールド。日本の宮西は12シーズン目で300ホールドだから、MLBは少ないと思われるかもしれないが、MLBのホールドはNPBと違い同点でマウンドに上がった場合はつかない。

ラトロイ・ホーキンスやスタントンなどは1000試合登板を果たしている。

恐るべき持久力のある投手たちだ。ERAはそんなによくない。打たれてもマウンドに上がり続ける投手たちだ。
キンブレルやKーRODなどとも毛色の違う投手たちだ。

日本の投手は、なんといっても実働期間が短いので、100ホールドに達した選手はいない。田澤の89ホールドが最多。田澤はカブスのAAAにいるが、まだ投げていない。

アメリカのセットアッパーは、日本よりもはるかに過酷な環境で投げていることを感じさせる。


J.ブルーム、全本塁打一覧|本塁打大全

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!