現時点で10試合以上マスクをかぶっている捕手の打撃成績を調べてみた。

パ・リーグ 安打数順

P-C


森友哉は守備に難があるといわれていたが、これも無難にこなした上に、今首位打者。盗塁阻止率は.423でリーグ2位。捕手の負担にもかかわらず持ち味の強打が活きている。

IMG_8346


甲斐拓哉はもともと打撃には期待されていなかったが、森との差は大きい。強打の捕手が出てくれば脅威だろう。

しかしそれ以外のパの正捕手は2割に達していない。この貧打では、好機には代打を送らざるを得なくなる。
若月は盗塁阻止率.500で1位。
田村は昨年規定打席に達したが、今季は貧打に加え盗塁阻止率.167だ。このままでは、吉田などにポジションを脅かされそうだ。

IMG_8424


打てる捕手がいることの大きさを実感する。


J.ブルーム、全本塁打一覧|本塁打大全

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!