セ・リーグの捕手は打撃好調な選手が多い。10試合以上マスクをかぶっている捕手の打撃成績。

安打数順

C-C


今、梅野が首位打者。両リーグともに捕手が首位打者だ。捕手4人目のサイクルヒットの後も好調が続いている。盗塁阻止率も.571で2位。しょぼい阪神打線にあって、主軸の働きだ。

IMG_2542


中村は打撃もまずまずだが盗塁阻止率は.071。これは何とかしなければならない・

住谷が加入してしりに火が付いた小林は打撃開眼。ただし、この選手は去年も春先は絶好調だった。そこからが続かなかったのだ。盗塁阻止率は.600で1位。

IMG_0540


驚きはDeNAだ。並みいる捕手を押しのけて、オリックスから来た中堅の伊藤光が正捕手の座をつかんでいる。おそらく投手のリード面で一日の長があるのだろう。阻止率.154、弱肩はオリックス時代からあまり変わらない。

強打が売りの曾澤は阻止率は.571だが、打率はやや期待外れ。

しかしパに比べればセの捕手はよく打っている。


J.ブルーム、全本塁打一覧|本塁打大全

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!