sakamoto


坂本にとって、原辰徳監督が一番大きな「壁」かもしれない。いろいろ打順を変えずに「2番」でいっていただきたい。