現時点での数字をもとに、最終的な観客動員を予測する。
球団別の観客動員予測

ATT20130613-2


前のブログで紹介した増減%と若干違っているのは、各球団の主催試合数が年度によって違うからだ。

143試合制のため、主催試合は72試合と71試合の2つある。71試合だった球団は翌年には72試合になる。
現時点で平均観客動員が微減のソフトバンクと西武は、主催試合が1試合増えたことで、最終的には微増になる。

IMG_5945


セ・リーグでは阪神が年間300万人に復帰する。主催試合数の関係で、中日が広島を抜くことになりそうだ。

IMG_9528


セは1500万人に迫る。そしてNPBトータルでは2600万人に迫る。

プロ野球の観客動員は交流戦から伸び始める。今の予測の数値を上回るのはほぼ確実なので、この数字には十分にリアリティがある。


省エネがなんだ!!投げに投げてイニング稼ぎ3/1960~1986・150球以上投球者・球数が多い順

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!