セ打撃陣の「このままいけば」である。
セ・リーグ 各選手の打数、安打数、得点などの1試合当たりの数字を割り出し、それを各球団の残り試合数でかけて、その数字を現在の成績に足したもの。打率は、現在とほぼ同じになる。

CL-Konomama


首位打者は高橋。注目すべきは二塁打数。51本は2001年のオリックス、谷の52本に次ぐ史上2位。高橋はぜひ狙うべきだろう。彼は昨年初めて規定打席に達した。回り道をしたがようやく花開くか。

IMG_6467


最多安打は高橋と大島、チームメイトの争いになりそうだ。

得点は鈴木誠也。三塁打は阪神の近本。本塁打は昨年に続きソトか。打点はソトと村上の争いか。
村上は新人王を近本と争うが、もう少し打率を上げたいところ。

今季の筒香は打点が非常に少ない。これは彼の責任というより前を宮崎の不振が響いているように思う。

盗塁は大島洋平が2回目の獲得か。阪神の梅野は捕手で16盗塁。調べてみないといけないが、これはかなりの数字だ。

四球は山田哲人。今年はなかなか勝負してもらえない。打率を上げないと4回目のトリプル3は厳しくなる。

坂本勇人は交流戦ですっかり調子を落としたが、このままではないとは思う。


えっ!もう降板!!2|1回未満の先発投手2002~2019・球数多い順

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!