今日の第1打席でも安打を打った。いや、「一刀流でいけば」という声もわかる。

大谷のMLBでの月次成績

Ohtani201906


1年目はデビューの月に派手に活躍してからやや落ち込んで、7月に復帰してから再び活躍した。

しかし2年目は5月に試合にで始めると後半に調子が上がってきて、6月からは絶好調だ。

今年は二塁打が少ないのが気になっていたのだが、7月に入って1試合2二塁打。
何でもできるようになってきた。

2018年は右投手が.313、257打席で20本。左が.222 110打席で2本だったが
2019年は右投手が.304、137打席で10本。左が.315 62打席で2本。

長打は右より少ないものの、左も全く苦にしなくなった。

四球が少ないのがやや気になるが、トラウトとの2、3番は他球団の投手の脅威になっている。

怪我だけが心配だ。今季はまだ「慣らし運転」のはずだが、松井秀喜の31本塁打を抜くかもしれない。
いや、目が離せない25歳である。


えっ!もう降板!!2|1回未満の先発投手2002~2019・球数多い順

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!