オリックスは、うまくいっていない球団の一つだが、山本はその中でも希望の星だろう。



エースだった金子弌大が日本ハムへ、それに続く西勇輝が阪神に移籍したが、オリックスは補強らしき補強はせず、救援の山本を先発に回した。これが大成功だった。
今季の戦績 えんじ色はQS

Y-Yamamoto


4月3日、ソフトバンク戦で9回零封でデビューするも0-0の引き分け。
11日のロッテ戦で8回自責点1で先発初勝利。

以後も大崩れすることなく活躍しているが、とにかく援護が少ない。QSは10試合、HQSも8試合あるがわずか4勝。ソフトバンクなら二けた勝利を挙げていた可能性もある。

最高球速は155㎞/h前後。このスピードも魅力だ。

yamamoto yoshinobu


胸のすくような快投だが、心配は「酷使」だろう。

チームは将来のことなど考えていない。伝統的に行き当たりばったりの起用になると思われる。
佐藤達也のように、ちょっと活躍しておしまいになる可能性もある。

無理をせずに大投手の道を歩んでほしいものだ。そのためには下位打線に「手抜き」をすることも覚えるべきだろう。


私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!