MLBはどんどん変わっていく。進化していく。ホームランダービーを見てもそれを感じる。

今の8人の打者によるトーナメントになってからの成績

HR Deby2015-2019


各4分間のセッションで、本塁打数を競う。

2015年には35歳のアルバート・プホルズや31歳のプリンス・フィルダーなども出ていた。
1年目はフレイジャーが勝者。

2016年はジャンカルロ・スタントンが優勝。1ラウンドの24本塁打は2018年までの記録。

2017年はアーロン・ジャッジ。スタントンとジャッジは翌年からチームメイトになる。

2018年はブライス・ハーパー。

そして2019年は20歳のゲレーロJr.。1セッションでの29本塁打は新記録。準決勝では4分で29本を打ったが、ピーダーソンに並ばれ、8本、2本、2本と延長戦で打って決勝に。よれよれでアロンソに負けた。
しかし、ゲレーロJr.が圧倒的だったといえよう。
ピーダーソンは、2015年にも出ている。打ち方を知っている。1~2球見極めた後に、2回連続してスイングするというパターンができていた。力任せのゲレーロの倅とはかなり違った。

アクーニャJr.といい、ゲレーロJr.といい、大谷よりもはるかに若い連中が、どんどんのしている。

日本では彼一人しかいないように報じられているが、大谷翔平は、そういう有望株の1人に過ぎないことを改めて思う。

1983年槙原寛己、全登板成績【初登板初完封の衝撃、新人王に輝く】

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!