SNSでもいろいろ議論をしている。なかには「女子でも男子より野球ができる選手がいるのだから、男女の枠はないほうがいい」という意見もある。しかし「性差」は、厳然と存在する。そう簡単に取っ払うことはできない。
テニスの世界では1973年、女子トッププレイヤーだったビリー・ジーン・キング(日本ではキング夫人と呼ばれた)が、往年の男子名選手ボビー・リッグスの「私は男女同権運動を代表するビリー・ジーン・キングと試合をしたい」という挑発に応えて試合をしたことがある。
キングは30歳、リッグスは55歳。全英全米で優勝経験のあるリッグスだったが、キング夫人は3セットストレート勝ちでリッグスを下した。これは当時、大きく報道され、スポーツ界でのウーマンリブ運動の高まりをもたらした。余談だがキングは後に同性愛者であることをカミングアウトしている。

IMG_9575


スポーツにおいて「男女」の別を立てて、2つの競技にすべき理由は主として2つある。

1.体力差、体格差がある。
一般的に、女性は男性よりも体が小さく、筋肉量も少ない。また、俊敏性でも男性よりも劣る。この差はどうしようもない。もちろん、キングの例を見てもわかるように女子のトッププレイヤーが、男子に勝つことは珍しいことではない。しかし男子のトッププレイヤーに真剣勝負で勝つことはほとんどない。女性と男性が同じ競技をすれば、ほとんどの部門で男性が圧勝する。
もちろん例外はあるが、これはどうしようもない。

2.社会的差別が存在する
男尊女卑は、日本のみならず世界中に残存する悪弊だ。特に勝利を追い求めるスポーツでは、能力の高い選手を優先的に起用する。そうなると体力差、体格差のある女性の出場機会は減少する。また指導者も男性がなることが多く、男性本位の考え方でチーム運営や試合が行われる可能性が高い。

「男顔負け」の女性選手が一部にいたとしても、その僅かな例外がいることが「男女同一競技」を導入する根拠にはならない。

野球で言えば、男子野球、女子野球と2つの競技を並立させることで、始めた男女それぞれの選手に十分な出場機会も活躍の場も与えることができる。
たとえ、戦えば男子が女子を圧倒するとしても、それぞれの競技は同格であり、その栄誉は同じ価値を有する。

これこそが「スポーツにおける男女同権」であろう。今後、LGBTの話もスポーツに関わってくるだろうが、その議論は別に譲りたい。ダイバーシティは大事だが、まずは「男女同権」から。



1983年槙原寛己、全登板成績【初登板初完封の衝撃、新人王に輝く】

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!