昨日の阪神、近本の「サイクル安打」は、「やらせ」「いんちき」だった。
パの投手、高橋礼が、近本に打ちやすい球を投げたかどうかはわからないが、パの外野陣は極端な前進守備を敷いていた。そして打球がフェンスを直撃すると左翼の吉田正尚秋山翔吾が緩慢な動作でボールに追いつく。近本は二三塁間で一度止まるが、三塁に突入。中継した遊撃の源田壮亮は、わざとゆっくりと三塁に送球し、これを三塁の松田宣浩が取り損なって、近本は三塁に生きた。
中継アナは「これは三塁打になるのでしょうか?」と言ったが、電光掲示板に「H」が灯った。

直後に前田智徳は、思わず
「今はこういうオールスターなんですね」
と言ってしまう。
隣にいた古田敦也はここまでオールスターでサイクル安打を打った唯一の選手だったが、彼も言葉が出なかった。

大記録に際して、相手チームが協力するのは、MLBでもよく見られる。ノーヒットが続いている投手に対してはバントはしてはいけないとされるし、あと1人になれば打者は積極的に安打は狙わない。
サイクルヒットでも、最後の打席で守備側が手心を加えるのはしばしばみられることだ。
ただ、こまで露骨なのは珍しい。

MLBはいろいろな面で、NPBよりも優れているが、こういうところまで見習う必要はない。

昨日の試合中継を見ていた人は、近本の記録に快哉を叫んだだろうか?
「プロ野球って、こんなことするんだ…」と白けたファンも多かったのではないか。

IMG_9036


昨日、高校野球で力量差のあるチームの対戦では、強いチームは姑息な作戦はせずに、相手にも野球をさせるべきだと書いたが、それとこれとは「似て非なる」ものだ。

オールスターは、その成績が「Official Baseball Guide」に掲載される。1951年の第1回からの記録が選手別に詳細に載っているのだ。昨日の近本の「いんちき三塁打」も「ぱちもんサイクル安打」もここに永久に記録される。

メディアはこの茶番劇について、一切批判しない。中継アナも声を張り上げて「大記録達成」をうたい上げた。今日のニュースも「大記録達成」の大合唱だ。

テレビカメラが入り、多くの人が見る中で、不正が行われたのに、メディアは一切異論をはさまない。この気持ち悪さ、不快さ。

この試合で、オールスターの権威は毀損されたといってよい。オールスターのスポンサーの「マイナビ」はどう思っただろうか。
そしてメディアも、人々の信頼に足るものではないことを改めて露呈した。我々はどんな世の中に生きているのかと思う。


1983年槙原寛己、全登板成績【初登板初完封の衝撃、新人王に輝く】

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!