27日の登板は、ちょっとやそっと状態が良くなっても使えないという印象を持たせた。

今季2度目の登板。ナゴヤドームでのDeNA戦。

matsuzaka0727


先頭の乙坂から筒香、ソト、ロペスと4連打。宮崎は打ち取るが、伊藤光にぶつけ、以後、大和、投手の石田、石川、1巡して乙坂まで4連打されたところで降板。継投した三ツ間もタイムリーを打たれて自責点は8になった。打撃練習だった。

乙坂、筒香、石川と横浜高校の後輩が容赦なく攻め立てた。


速球は走っていないうえに制球が悪く、変化球はカーブだけが何とか使えるが、スライダーも精度がない。

私は今年、二軍で投げたのを見たが同じ調子だった。たまたま打球が正面にいったり、打者が気後れして見送ったりしてアウトカウントを稼いでいたが、一軍の打線にとても通用するとは思えなかった。

IMG_5802


IMG_5824


何といっても速球がお辞儀をするのだ。投げたあとにのけぞるようなフォームは全盛期のままだが、躍動感はないし、体は重たそうだ。
へろへろ球でも追い込んでからずばっとストライクゾーンに投げる度胸があるから打者の意表を突くことはできる。

しかし松坂は休養しても練習しても、これ以上良くなることはないと思う。幸運にも打ち取ることができる試合もあるだろうが、もう実力はないと思う。


王貞治・選手別アベック本塁打数

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!