tamakazu


拙著の論旨、ポイントを紹介している。読み物としても問題意識を喚起する内容になっていると思う。本、ぜひお読みください。