野々村先生もそうだが、大船渡、佐々木朗希の岩手県大会決勝の登板回避をめぐって「甲子園へ行きたかった他のナインのことを考えたことがあるのか」という意見がしばしば見られた。この理屈は非常に失礼である。

甲子園に行きたかったのは、佐々木だけではない。他のナインもおそらくは一生に一度の甲子園に行きたかった。なのに佐々木の肩を温存したために、行けなくなった。彼らの身にもなってみろ、という理屈だ。

これ、おかしいだろう。この理屈によると、大船渡の他のナインは
「佐々木がいなければ、甲子園には行けない選手たち」ということになる。
そして、佐々木に対して
「お前は怪我をするかもしれないけれど、俺たちを甲子園に連れて行ってくれ」と言っていることになる。

IMG_8669


この理屈を展開する人は、

大船渡の佐々木以外の選手はカスばかりで、佐々木がいなければ甲子園に行けない。
そして、佐々木一人にリスクを負わせて、自分たちはのうのうと「甲子園出場」のキャリアを得ようとしている連中だ。
とみなしてモノを言っていることに気が付いているのか。失礼だと思うが。

佐々木は、他のナインを甲子園に連れていく義務も責任も負っていない。そしてもちろん、母校や郷土や、ハエみたいなメディアを喜ばせる責任もない。周囲が勝手に騒いでいるのだ。

おそらく、実際のナインの中にも「佐々木に投げてほしかった、甲子園に連れて行ってほしかった」と思った選手はいただろうが、同時に「それは、俺たちの立場では言ってはいけない」とも思っていたはずだ。
そして「佐々木がいなくても、甲子園に行けるよう頑張ろう」と思ったはずだ。
それでこそ若者、それでこそスポーツマンというものだろう。

IMG_8692


この理屈を展開する指導者は、深く物事を考えたことがないのだろう。
上から目線で一方的にモノを言うだけで、言い返されたことがない。ちゃんと議論をしたことがないのだ。
そして「甲子園に出ることはいいこと」という単純すぎる価値観を持っているわけだ。

「球数制限」について考えていくと、ふつふつと怒りを覚えることがいくつもある。この愚論もその一つだ。


私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!