里崎智也という人は、面白いことを言う人だ。
THE PAGE
第2の“佐々木朗希問題”を起こさないための解決法

大船渡、佐々木朗希の問題で「周囲が口を挟む問題ではない」というのなら、昨年の金足農、吉田輝星の投げすぎも「周囲が口を挟む問題ではない」ということになる、と言っている。
そうはならず、吉田の投げすぎが問題になっているのは“投げ過ぎは悪”という主張が、ある意味、正論になりつつある時代の流れの裏返しだ、と言っている。

おもしろい見方だが、そうではない。佐々木の問題もみんなが大いに口をはさむべきだと思う。そうしなければ議論は深まらない。オープンになっているできごとで、第三者が口をはさんではいけないことなど何もない。

佐々木朗希の問題の解決法として、里崎は各学校が事前に

“うちは選手の健康、安全を第一に考えて無理に投げさせません。それで甲子園に出場できなくても仕方がありません”



“うちは甲子園に出場するために猛練習を課すし、試合でもどんどん投げさせるゴリゴリ派です”

かを表明して、子どもがそれを選ぶべきだ、と言っている。

要するに里崎は佐々木朗希の問題は、彼の「健康の問題」ではなく、大船渡、國保監督などが「騒がれたこと」だといっているのだ。
学校、指導者が最初から「健康」か「ハード」かを明言していれば、投手が酷使でつぶれても選択した高校生の「自己責任」だから、学校も指導者も文句を言われない、と言っているのだ。これが解決法だというのは、本当にお粗末だ。

IMG_0005


“それに猛練習を課して試合でもどんどん投げさせるゴリゴリ派は、部活としては間違っている。

スポーツ庁が出している「運動部部活に関する総合的なガイドライン」には

運動部顧問は、スポーツ医・科学の見地からは、トレーニング効果を得るために休養を適切に取ることが必要であること、また、過度の練習がスポーツ障害・外傷のリスクを高め、必ずしも体力・運動能力の向上につながらないこと等を正しく理解する

と明記されている。ゴリゴリ派は、運動部部活としてははっきり否定されるべきなのだ。
選手の健康、安全を第一に考える以外の選択肢はないのだ。その前提で「どこまでやるか」「どのようにするか」を考えるべきなのだ。

里崎だけではないが、スポーツの専門家を標榜する人の中には、文科省、スポーツ庁の方針やスポーツマンシップ、オリンピック憲章などを全く知らずに、自分の経験だけでモノを言っている人が多い。
素朴で面白いが、そういう「冗談みたいな意見」があたかも「まとも」であるかのように独り歩きするのは怖いことだ。

里崎はプロ野球解説者としては素晴らしいが、この問題について意見を言いたいのなら、せめて関連資料を読み込むべきだろう。

私のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。ぜひコメントもお寄せください!

好評発売中!